遺産の相続は、遺言者がある場合を除いて、民法では故人が生きていたときに婚姻関係を解消した先妻やもともと婚姻関係を結んでいない愛人には相続の権利を認めていません。故人が亡くなった時点で婚姻関係を結んでいた妻だけが法定相続人として、財産を受け継ぐことができます。しかし、先妻や愛人との間にできた子どもは相続の権利をもつことができます。愛人の子は、父親に認知されていることが条件となります。血のつながりがあっても、認知がされていない場合は、法律上の親子関係がないとみなされて、相続の権利をもつことができません。また、先妻の子どもと妻の子どもは平等に遺産を分配できますが、婚姻関係のない男女の間に生まれた子供は、非摘出子となるため、嫡出子の2分の1しか財産をもらうことができない規定になっています。ちなみに配偶者の連れ子には、相続の権利はありません。そのため、連れ子に遺産を残すには、遺言書を作成するか、養子縁組を行う方法の2通りがあります。養子は、血のつながりに関係なく、実子と同等の権利をもち、財産の相続分の取り分も同じになります。そのため、血のつながりがあるのにもかかわらず、妻の子よりも半分しか遺産を相続できない非嫡出子を、認知ではなく養子縁組の形で親子関係を結ぶ人もいます。