相続とは

| 未分類 |

相続とは、故人が残した財産を家族や友人、知人が引き継ぐことをさします。民法では、遺言書がなければ、基本的には故人の血縁関係者が引き継ぐことになっており、その優先順位や財産分与の割合なども決まっています。まず、故人の配偶者と子供がいる場合は、配偶者が財産の半分を引き継ぎ、その残りを子供たちで平等に分配するのが基本です。配偶者は、籍を入れていない内縁関係の場合は、財産を受け継ぐことはできません。離婚をした場合は、たとえ何十年も連れ添った元夫婦であっても他人とみなされますので、財産を受け継ぐ権利はありません。逆に入籍して数日しかたっていない夫婦としての年月が浅い場合でも、配偶者は遺産を半分受け継ぐことができます。また、子供も故人の実子や法律上の親子になっている養子だけが受け継ぐことができますので、故人の再婚相手の連れ子には引き継ぐ権利は認められていません。故人が家族以外の親族や友人に残したい場合は、遺言書を作成すると財産を譲ることができます。残された家族に受け継がれる財産は、預貯金や不動産などの資産だけでなく借金などの負の財産も含まれています。そのため、残された家族には財産を受け継ぐことを放棄する権利も認められています。故人に配偶者や子供がいない場合は、その親や兄弟が引き継ぐことができます。